あなたの耳鳴り、自律神経失調症の疑いがある!?

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

自律神経

その耳鳴り、もしかして自律神経失調症かもしれない!?

2016年11月11日

自律神経

そもそも耳鳴りとは?


miminari耳鳴りは何も音がしないはずなのに音が聞こえるような感覚になるようなものをいいます。

人によっては耳鳴りが日常生活の妨げになることもあります。また、耳鳴りにもいくつか種類があり放っておくと危険な疾患である可能性もあるので注意が必要です。

耳鳴りの種類は大きく分けて2種類あります。自分にしか聞こえないものと、自分以外の人でも聞くことができるものです。

 

自覚的耳鳴(自分にしか聞こえない耳鳴り)


→何も音がしない状態の時に音が聞こえることがありますが、何も異常が見られない正常な耳鳴りもあります。基本的に耳鳴りがするときは難聴を伴っていることが多いといわれています。この耳鳴りの場合、鼓膜などに異常がみられることがあります。また、稀に脳腫瘍などの病的な疾患であることも考えられますので、病院での検査を受けるようにしましょう。

 

他覚的耳鳴(自分以外の人でも聞くことができる耳鳴り)


→耳鳴りというと自分にしか聞こえないものという認識が多いかもしれませんが、実は外からでも聞くことができるものがあります。この場合、何が原因かというと筋肉の痙攣や血管系等から心臓の動きに合わせて音が聞こえることがあります。筋肉の痙攣が原因の場合よりも、血管系等から聞こえる音の場合は深刻な病気や疾患が含まれていることがあります。脳神経系や耳鼻科でしっかりと検査をする必要があるでしょう。

どちらの種類にせよ、耳鳴りは聞こえている人に大きなストレスを与えることがあります。

 

耳鳴りと自律神経失調症の関係


shikei耳鳴りのはっきりとした原因は分かっていません。耳の聴覚に携わる血管系等の血行不良や耳周辺の筋肉の緊張や痙攣などが原因ではないかと言われています。そこから考えられる自律神経失調症と耳鳴りの関係性について説明していきます。

まず、自律神経失調症とは交感神経と副交感神経の二つの神経で構成されている自律神経の疾患です。この二つの神経は、私たちの身体の体内時計のような役割や、生命に関係する身体の機能をコントロールしています。

自律神経失調症は、様々な要因からこの神経に負担がかかり不調をもたらします。また、自律神経失調症になる人の特徴としてストレスを感じやすい人などが挙げられますが、このストレスを感じやすい傾向の人は耳鳴りの症状が出やすいかもしれません。何故かというと、先に述べたように耳鳴りの原因ははっきり分かっていませんが、耳の器官に流れる血流の血行不良か筋肉の痙攣などと言われています。もし仮にその要因で耳鳴りという症状が出ているのであれば、自律神経失調症で身体が緊張しやすい状態の人は耳の周りの筋肉の緊張や、それに伴い血管が影響を受けた場合血流の悪さから耳鳴りの症状が出ても不思議ではありません。

また、耳鳴りは難聴を伴っていることもありますが、これも自律神経失調症の症状の一つでもあります。難聴も耳鳴りと同じような原因から耳の機能不全などによって引き起こされることが考えられ、難聴を伴っている場合に小さな音も聞こうと神経が働くため耳鳴りも大きく聞こえることがあるようです。自律神経失調症の場合もストレスという原因がありますが、耳鳴りが続くことによって更にストレスを感じ悪循環になる恐れがあります。

 

自律神経失調症からくる耳鳴りへのアプローチ


low_back_b4耳鳴りの原因が自律神経失調症だった場合、自律神経への負担を減らしていく必要があります。自律神経に負担をかける要因として、「環境的なもの」「精神的なもの」「骨格的なもの」などが挙げられます。「環境的なもの」「精神的なもの」に関しては、例えば季節の変わり目の気温の変化や、仕事や家庭など様々な環境や人間関係などからストレスを感じたりすると自律神経に負担をかけ自律神経失調症を引き起こす可能性があります。これらに関しては、季節に合わせた服装に気を付けたり、運動や好きなことをすることで精神的なストレスを発散させるなどするのが有効でしょう。

問題は「骨格的なもの」です。実は、自律神経が通っている部分というのが頭から背中にかけての背骨の中です。これは、骨格の歪みなどが自律神経に深くかかわっていることを意味します。骨格調整と聞くと、身体が痛かったり凝っている人が受けるイメージがあるかもしれません。しかし、骨格調整の起源は自律神経を整えるところにあります。

アメリカで開発されたカイロプラクティックという骨格調整技術は、自律神経の通っている背骨の歪みを整えることで自律神経失調症の症状を減少させることを目的としています。先に記したように、自律神経失調症になると耳鳴りになる可能性が高まります。骨格の歪みを骨格調整で正しい位置に戻し、自律神経の不調からくる耳鳴りを軽減させるのが望ましいです。

 

治療院を選ぶ際に気をつけて頂きたいこと


traffic_accident4自律神経失調症でない耳鳴りであれば、何かしらの病気や疾患があると思われるので耳鼻科などの病院で治療を受けるのがよいでしょう。

しかし、骨格が歪むことで自律神経失調症になっていたとしても、耳鼻科や整形外科の検査では分からないことがほとんどです。自律神経失調症というものの場合は骨格調整がとても有効になります。骨格調整をしてくれる施術院を選ぶようにしましょう。ただし、気を付けなければいけないことがあります。骨格調整を行っている場所というのは年々増えてきていますが、実際に骨格調整本来の原理原則を知らないまま施術してしまっている人がいることも事実です。また、骨格調整のやり方も本来のカイロプラクティックのやり方から離れてしまい、同業者の私たちから見ても危険なやり方をしているところも少なからずあります。なかなか難しいことかもしれませんが、骨格調整(カイロプラクティック)発祥のアメリカの技術を用いた場所を探し、しっかりとした知識と技術を持ち合わせたところを選ぶ必要があります。

アメリカで勉強し資格を取った先生がいる場所には、D.C.(ドクターオブカイロプラクティック)の記載がなされていると思います。少なくとも、D.C.の先生たちに直接技術を教わっている人に施術をしてもらえば安心でしょう。そういう場所が近くにあれば間違いないと思います。

 

まとめ


耳鳴りはまだ原因がはっきりとしていない症状の一つです。しかし、最近言われている自律神経失調症との関連性を考えるとカイロプラクティックなどの骨格調整を受けることで、症状が改善することが考えられます。耳鳴りだけではなく、他の身体の不調も含めて様々な症状の原因となっていることが多い自律神経。気になる方は、一度近くのカイロプラクティックのお店へ行ってみましょう。

 
身体のお悩み無料相談フォームへ
 



Call: 092-477-8919

この記事を読んだ方におススメの記事

その目眩(めまい)、自律神経失調症かも??症状が疑われる方の特徴


なんだか頭が痛い!?自律神経失調症ではありませんか?


関連記事

あなたを襲う!梅雨の時期の体調不良の症状と対策を知ろう

2016.06.15

これから梅雨の季節に入っていきますが、そんな梅雨の時期に陥りやすい体調の変化と症状、対処方法をまとめていきます!   なんだか気分が沈む、季節性のうつ「雨が降ると、何だか気分が上がらない。」そういう方も多いかと思いますが、それは雨で空が曇ることにより日光を浴びれないこと...

気象病って一体何なの?症状の原因と特徴を知ろう

2016.08.16

私のお客様の多くに、天気の具合、特に雨の降る手前で頭痛や肩こり、腰痛等の関節痛を訴える方がいらっしゃいます。最近ではこの様な、気象の変化により、体の諸症状を発生を「気象病」と言います。症状として、頭痛、めまい、メニエール病、肩こり、神経痛、腰痛、吐き気、じんましん、うつ病などが挙げられ。多くの患者さ...

悩まずに相談を!頭痛など自律神経の不具合からくる身体の痛み

2016.08.07

自律神経失調症と頭痛・肩こり・背中などの体の痛み頭痛、肩こり、背中の痛みと自律神経失調症に関してお話しします。頭痛、肩こり、背中の痛みは以前までの話で解剖学的な場所、骨格も含めて関連性が非常に高いのですが、ここで問題になるのは背中の骨、特に胸椎は自律神経のうちの交感神経が配置されています。この交感神...

ページトップへ