頭痛やめまいなどの症状を起こす気象病の原因って一体何なの?

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

自律神経

気象病って一体何なの?症状の原因と特徴を知ろう

2016年08月16日

自律神経

meteorotropic_disease1私のお客様の多くに、天気の具合、特に雨の降る手前で頭痛や肩こり、腰痛等の関節痛を訴える方がいらっしゃいます。

最近ではこの様な、気象の変化により、体の諸症状を発生を「気象病」と言います。

症状として、頭痛、めまい、メニエール病、肩こり、神経痛、腰痛、吐き気、じんましん、うつ病などが挙げられ。多くの患者さんが症状の改善を改善されていきます。

 

気象病の原因


1、気圧を感じるセンサーからの信号により自律神経のバランスが交感神経優位となり,
それがストレス刺激となってさまざまな疾患のメカニズムを惹起するという考え


2、気圧の低下により人体の押される力が減り血管、
関節等が拡張しやすくなる事での痛みの原因


3、気圧センサーのある内耳からの症状(バランスと深く関連)


対処として、一般的には睡眠をしっかり取る事とされまずが、問題は、この様な状態では、正常な睡眠が取れない事がさらなる症状の悪化の原因ともなります。

カイロプラクティックでは唯一、自律神経の交感神経の正常化を出来る技術としてこの気象病に非常に有効に働きます。

 

気圧の変化による自律神経の変化


autonomic-nerves3上記原因1の気象の変化、特に気圧の変化による自律神経の変化、交感神経の変化にフォーカスを絞って解説をしていきたいと思います。

自律神経とは、私たちの体の様々な機能を私たちの意思とは関係なく体を制御してくれるシステムです。

例えば寝ていても、心拍、血圧、体温、体の様々な機能は止まる事なく機能します。仮に気を失っても心臓が止まる事はありません。驚いたり、怒ったりして心拍数、血圧が上下しても、時間とともに平常時の数値に戻してくれます。自律的(自動的)に神経をコントロール、故に自律神経という名前が付いているのです。

そして、自律神経中に、交感神経と、副交感神経の二つの種類があります。

 

交感神経典→恐怖、戦闘、逃走など外的要因による命の喪失に関わるアクションに深く関わる


副交感神経休憩、エネルギーの蓄積、など生命の維持して、長く生命を継続させる


気象の変化は体の外的要因による変化なので特に交感神経が影響していると思われます。交感神経がストレスや何らかの原因で乱される時、自律神経失調症といいまが、今回の気象条件の変化が体に与える結果は、自律神経失調症と似た症状になります。症状として、頭痛、肩こり、吐き気、腰痛、めまい等になります。

気圧の変化が私たちの体になんらかの影響を及ぼし自律神経失調症を発症していても、世の中には気圧の変化を受けても自律神経を乱れない方もいます。ではその違いは??

ここでカイロプラクティックの特殊な理論が解決策になるかもしれません。

 

気圧の変化を受けて症状が出る方と出ない方の違いは?


kotsuban4カイロプラクティックの自律神経に対する考え方は、気圧に対する変化に対応出来る体を作る重大なヒントを持っています。

自律神経に含まれる神経に、交感神経が気象病に重要とありますが、症状が出る方と出ない方がいます。

実はこの交感神経は、脊椎の背中の部分、首の根元から腰の上の部分が交感神経の範囲とされています。解剖学では胸椎と呼びT1ーT12と腰椎L1−L3までが範囲とされています。

カイロプラクティックではこの脊椎部分に歪みやズレが生じると神経が間接的に圧迫を受け、体の機能に不具合を生じると考えています。症状的にはありとあらゆる症状で頭痛、めまい、腰痛、酷い生理痛、肩こり、肩の痛み 、膝の痛み…

挙げたらきりがありません。その症状の中に自律神経失調症も含まれます。

この脊椎のズレと体全体に外部的な気圧の変化が加わることで、体に変調をきたしているのがカイロプラクティックから考える気象病の原因と考えています。

これが理由ならば、脊椎のズレが少なければ気象病が出にくいでしょうし、多ければ症状が発症しやすい理由にもなります。ズレにもズレの大きさ、組み合わせも大きく関与すると思われます。

気圧はすべての人間に等しく影響しますが、骨格のズレは、人それぞれ大きく違います。気圧の変化を変えることはできませんが、骨格のズレ、歪みはカイロプラクティックによって正確に且つ安全に改善させることができます。このことで気象病の改善ができると考えています。

 

気圧の低下により血管、関節等が拡張しやすくなる


meteorotropic_disease3冒頭の気象病の原因の2つ目、気圧の低下により人体の押される力が減り血管、関節等が拡張しやすくなる事での痛みについて解説していきます。

まず、多くのお客様が頭痛や、肩こり、腰痛等の諸症状を訴えるのは曇りや雨などの天気の時です。このような時天気予報でも低気圧の接近や低気圧の影響でと言われます。このような天気の場合外気圧が低くなり低気圧となります。さらに気圧が低くなると台風やハリケーンになり、hPa(ヘクトパスカル)で数値が示されます。

気圧が低くなると相対的に体内の特に密閉された部分、血管内部や、関節内部は圧力が高めになります。気圧は常に高いところから低いところに流れる傾向があるため、これらの密閉された部分は拡張、いわゆるふくらむ傾向があります。残念ながら消化器官、胃や腸などは口や肛門との出入り口がある為に気圧の影響を受けません。気圧が低くなっても胃が膨張することがないのはその為です。

話を気圧の為に膨らんだ血管や関節に戻しましょう。これらの拡張した部分が痛みの原因になるわけですが。頭痛では血管の急激な拡張の為に起こる頭痛もあります。首の痛み、腰痛、背中の痛み、膝の痛みはすべて関節に関わります。痛みの起こるパターンは大きく二つです。

 

1、関節の取り巻く関節胞に小さな傷があり、関節胞が気圧でふくらむため傷口が膨らみ痛みを増す状態


2、関節の拡張により周辺にある、神経、血管を圧迫することで痛みの原因になる事


しかし、上記二つの状態の場合、ある条件が関わってきます。それが骨格のズレです。

1のケースでは関節のズレにより関節胞に傷が生じ、気圧の変化が痛みを増す状態。

2のケースではもともと関節のズレにより、関節から神経、血管の距離が近く、そこに気圧の変化が重なる事でさらに神経、血管に対する圧迫が増す事です。

まず、骨格にズレ、歪みが生じる事が気圧による症状の土台になっています。これらを取り除く事で低気圧による症状の現象が期待できます。

これらのズレを正確に安全に取り除くにはドクターオブカイロプラクティックの治療院にご相談ください。

 

気圧センサーのある内耳からの症状


meteorotropic_disease4冒頭の気象病の原因の3つ目、気圧センサーのある内耳からの症状(バランスと深く関連)について解説していきます。

内耳には気圧をチェックするセンサーがあります。以前に自立神経の変化が気象病に原因と説明しましたが、内耳の気圧センサーも同様の原因となります。

この気圧センサーは内耳のリンパ液と連動しています。気圧の変化が原因で、リンパ液の傾き、めまい、頭痛とつながりますが、実際に体のバランスを崩しているわけではありません。まるで体のバランスを失っている時、例えば乗り物酔いの様な症状が発症しているわけです。

自立神経の交感神経がリンパ液の変化が複合的に絡みここでも大きく関与します。内耳のリンパ液は気圧の変化にも対応しますが、本来はバランスを司る器官ですが、バランスに関する情報を脳で情報処理する時にどのようなデータが必要かというと、一般的に

 

1、視界の傾き(内耳)


2、体幹の傾き(小脳)


の情報を総合的に判断、小脳と連動して、体の傾き頭の傾きを判断しますが、この時体幹の傾きを情報は体幹に関わる関節、筋肉の動きをモニターしています。この時、これら筋肉、脊椎の関節にズレ、歪みがあると、正確な情報が内耳、小脳にいきません、それどころか、それらの間違った情報をもとに計算するので、小脳で計算された答えも間違った物になります。このことが、気象病に関連する、諸症状、肩こり、頭痛、吐き気、めまい、腰痛等の原因となります。

確かに、高気圧に触れることで症状は改善しますが、低気圧が来れば再び症状を発症します。

カイロプラクティック的に考えれば気象病の原因は、

 

1、内耳


2、自立神経


3、体幹の歪み、骨格の歪み


この三竦みの関係と考えることができます。しかし、この中で改善できる物は残念ながら自立神経と体幹の歪みのみになります。

 

1、自立神経の改善は、十分な睡眠、バランスの良い食事、は元よりそれを阻害する、脊椎、特に胸椎の骨格のズレの改善


2、バランスに関わる体幹、骨格の歪み、ズレの改善


が挙げられます。

 

まとめ


如何でしたでしょうか?これらは、やはりカイロプラクティックでも米国でしっかり勉強をした先生の診断治療をもとに改善されるべきかと思います。

ドクターボディケアでは、米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修の医学療法に基づいた本格的な診断・治療が受けられます。

お客様の「どこに行けばいいのか?どの施術が適切なのか?」などの不安を解消するため、お客様の悩みを全てお聞かせいただき、一人ひとりの症状に合わせた適切な施術を行いますのでお気軽にお問合せください。

身体のお悩み無料相談フォームへ


Call: 092-477-8919

関連記事

あなたを襲う!梅雨の時期の体調不良の症状と対策を知ろう

2016.06.15

これから梅雨の季節に入っていきますが、そんな梅雨の時期に陥りやすい体調の変化と症状、対処方法をまとめていきます!   なんだか気分が沈む、季節性のうつ「雨が降ると、何だか気分が上がらない。」そういう方も多いかと思いますが、それは雨で空が曇ることにより日光を浴びれないこと...

つらい…ストレスからくる睡眠障害・胃の痛みにカイロプラクティックでアプローチ

2016.07.12

ストレスと自律神経の関連性まずほとんどの方はストレス、悩み等が睡眠症・胃の痛みの原因と思われるでしょう。不眠症もそうだと思います。しかし、このようなストレスには個人個人の性格もおおきな影響を及ぼすのと、自律神経が大きな関連性をもちます。個人の性格を私たちがどうにか出来るわけでもなく、会社のストレスも...

その目眩(めまい)、自律神経失調症かも??症状が疑われる方の特徴

2016.08.16

そもそも目眩(めまい)とは?めまい(眩暈・目眩・眩冒)とは、目が回るようなくらくらとした感覚を言い、医学的には、視覚・平衡感覚・固有感覚の不統合によって感じる感覚と言われています。参考:めまい-Wikipediaめまいには一般的に3つのタイプがありそれぞれに特徴と原因が異なります。 &nb...

ページトップへ