胸の筋肉がつる!原因と対処法とは

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

胸の痛み

胸の筋肉がつる!原因と対処法とは

2017年04月27日

胸の痛み

目次


・どんな時に胸の筋肉がつるのか

胸の筋肉がつる原因

胸の筋肉がつるときの対処法

胸の筋肉がつるのを予防するには

まとめ

 

どんな時に胸の筋肉がつるのか


筋肉がつると聞くと、ふくらはぎ等の足の部分がつるイメージがあるかもしれません。

しかし、今回の見出しにもあるように「胸部」の筋肉がつることもあります。場所によっては心臓に近い部分にもなるので内臓からのシグナルなのでは?と考えてしまうこともあるかと思いますが実際にはどうなのでしょう。

重大な病気なのか、怪我なのか、筋肉の疲労なのか。これは、筋肉がつるという表現ではなかなか判断が難しいです。どういう部分で違いが出てくるかというと、痛みがある場所が胸の表面なのか深い部分なのかというところです。

例えば、心筋梗塞や狭心症などの心臓に関係する病気の場合、胸の深い部分を締め付けるような痛みがあると言われています。このような痛み方の場合は、心臓に限らず食道などの他の内臓器官の病変の可能性もあるので直ちに病院で診断を受けた方が良いでしょう。

肋骨骨折などの怪我や筋肉疲労による痛みの場合は、胸でも表面に近い部分が痛みます。また、痛み方が鋭いことが多いのでどの部分なのか場所の特定がしやすいことも特徴として挙げられます。

痛み方や痛みの感じ方も人それぞれなので、どちらの場合であっても一度は病院で検査をして病気の有無を確認したほうが良いでしょう。

 

胸の筋肉がつる原因


筋肉がつる時のタイミングは、胸の筋肉でも足の筋肉でもどの部分においても突然訪れます。

寝ている間につってしまうこともあれば、体勢を変えようとした瞬間や、激しい運動をした後などさまざまでしょう。筋肉がつってしまうのは運動神経系の異常や、筋肉を動かすときに必要な栄養素(ミネラル)が足りないという見方が多いですが、実際のところハッキリとした原因はまだ分かっていません。

しかし、身体が疲れているときや寝ているときなどに筋肉がつってしまうということはよく耳にします。筋肉に負担が掛かるという着目点で原因を考えてみましょう。

 

原因その1:胸の筋肉の使い過ぎ


胸の筋肉を使う動作は、壁を押すような動きや荷物を身体の前で抱えるような動きなどがあり、普段行いわない作業などをしたときほど筋肉への負担は大きくなります。

また、日頃運動を定期的に行っていない人は筋力が弱くなっているため、自分が思っている以上に筋肉が疲労してしまいます。

 

 

原因その2:普段の姿勢


力作業ではなくても胸の筋肉に負担が掛かるのが猫背などの“悪い姿勢”です。いつも仕事内容がデスクワークだという人はとても多いと思います。

力を使うことはありませんが、長時間座った状態で作業をすると姿勢が崩れて猫背になりやすいです。

この「猫背」という状態は、身体を横から見た時に背中が丸まっているように見えるので、背骨が背中側に強く丸みを帯びていると思いがちです。

しかし、実際には背骨のラインは正常な位置であるにもかかわらず肩甲骨の位置が外にスライドして肩が前に入ってしまうために猫背に見えてしまうことがあります。

肩が丸まってしまうと肩甲骨に小胸筋という胸の筋肉が付いていて縮まった状態になってしまいます。長時間“悪い姿勢”が続くと、胸の筋肉が縮まった状態が続いて血行不良のために疲労してしまいます。

 

胸の筋肉がつるときの対処法


筋肉がつったときの対応としては、どの部分に対しても同じですがストレッチするように伸ばします。

つっている時に筋肉は縮んだ状態になっています。その状態を解除してあげることで元の状態に戻ります。

 

胸の筋肉のストレッチ


姿勢:立位
・身体の後ろで指を組んで、肩甲骨を背骨に寄せるように動かして胸を開く
・15~20秒キープして、脱力する。→痛みが引くまで繰り返す

 

胸の筋肉がつるのを予防するには


胸の筋肉をつらないためには、負担をかける原因をなくしていく必要があります。先ほども書いたように、筋肉の使い過ぎや姿勢からくる負担というのが大きくなります。

トレーニングや仕事で胸の筋肉を酷使する場合、また、姿勢が原因で筋肉が硬くなってしまっているときにストレッチをして疲労物質を処理するように血液循環を上げていくと疲れの蓄積度が違います。

時間があるときにちょこちょこストレッチを挟むことで、疲労から胸の筋肉がつってしまうことは減ってくるでしょう。

また、姿勢が原因で胸の筋肉に負担が掛かっている場合は、姿勢の改善をしていかないといけません。姿勢を改善させるためには骨格のバランスと筋力のバランスを整えていくことが必要になってきます。

しかし、運動を始める前にまずは身体を動かす準備から始めた方が良いでしょう。

デスクワークで身体を動かす機会の少ない人ほど身体の関節が固まって動きにくくなっていることがあり、この状態では運動を始めても怪我をしてしまう恐れがあります。

そこで骨格のバランスを整えて、関節の硬さを改善させるために有効なのがカイロプラクティックです。カイロプラクティックなどの骨格調整は骨格の位置を正しい位置に戻すだけではなく、固まって動きにくくなった関節を元の状態に戻していきたいときにも有効です。(※改善が見込めるのは元々の骨格の状態が正常な場合です。骨格や関節に変形がある場合対応できないことがあります。)

関節の動きがスムーズな状態で運動をすることによって、筋肉にしっかりと刺激を入れていくことができます。このように、関節のメンテナンスと筋肉面へのアプローチによってバランスを整えると姿勢の改善と胸の筋肉への負担軽減が期待できます。

 

まとめ


筋肉がつる原因は様々言われており原因はハッキリしていませんが、胸の筋肉への負担が掛かった状態でミネラルなど栄養素の偏りなどがあると胸の筋肉がつりやすくなると考えられます。

普段の生活の中で胸の筋肉に負担が掛かることをしていれば、その原因を取り除いていくことで胸の筋肉がつることは減ってくるでしょう。

自分で取り組めるストレッチや、姿勢からの負担であればカイロプラクティックなどの骨格調整と運動の組み合わせで姿勢の改善を目指して胸の筋肉がつらない身体を作っていきましょう。

 

身体のお悩み無料相談フォームへ


Call: 092-477-8919

関連記事

呼吸をすると痛い!?放置してはいけない胸椎の痛みについて知ろう!

2016.08.16

先日、お客様との会話の中で、呼吸と声の出し方のお話がありましたので、今回は呼吸をすると痛い等の症状が出る、胸椎の痛みに関してです。お客様はボイストレーナーのお仕事をされている方がですが、その方がよく言われるのが、私の施術を受けた後、痛みが和らぎ、非常に声を出しやすくなるとの事でした。この方は声が出し...

ページトップへ