妊娠中・産後の腰痛を改善するための骨盤矯正で気をつけるべきことについて

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

骨格・骨盤の歪み

妊娠中・産後の腰痛を改善するには?骨盤矯正で気をつけるべきこと

2016年08月09日

骨格・骨盤の歪み

今回は、妊娠中と産後とに分けて、腰痛の改善と骨盤矯正に関してお話ししていきます。

妊娠中の腰痛


ninshinお客様の中で、妊娠をされて一度治った腰痛が再発した事での相談を受けることがあります。

多くの方は妊娠中にカイロプラクティックや整体の様な施術を受ける事に心配をされると思います。私の意見としては日本の現状においてこのような施術を妊娠中に受ける事はハッキリ言って勧めません。なぜならそのほとんどの施術をされる方の知識の深さ、技術の信用性、どれをとっても、皆さんの心配を取り払うには不十分だからです。

唯一信用出来るとすれば私の様な海外のカイロプラクティックの大学を卒業したからならほとんどのケースで大丈夫かと思います。海外に行ったと言っても解剖研修の様な行事ごとに参加した程度で海外に行ったという方もいますが、基本的にその知識に何かの+になるかといえば全く皆無です。

さて、本題に戻りますが、妊娠中の腰痛の原因ですが、そのほとんどは骨盤の不安定さから来ています。よって骨盤を元に戻す事で症状を改善させる事ができますが、残念ながら効果が一時的なことがあります。

そもそも妊娠中のホルモンによる効果により骨盤の靭帯が非常に緩み赤ちゃんの発育の場所をつくるのですがその事が腰痛の原因となっています。

 

妊娠中の骨盤の状態


妊娠中の骨盤は非常に不安定です。骨盤の前方部分に恥骨結節という左右の恥骨を接合する部分があるのですが、その部分が妊娠中に分泌されるホルモンの作用により靭帯が緩くなり左右に少しずつ分離していきます。そして後ろの仙腸関節部分の靭帯にも同じように作用し関節のしての安定性が低下していきます。

しかしこの事は胎児が成長する為のスペースを作る上で非常に重要な事ですが、同時に歩行や、あらゆる動きに非常に不安定になるデメリットがあります。この不安定性故に腰痛等が発生します。残念ながら妊娠中に腰痛が無くなる事はほとんどありません。痛みが出たり出なかったり、右だったり左だったりします。この事は次回に詳しく話をしますがカイロプラクティックの施術効果を非常に出にくい状態にします。

さらには 腰痛で終わればいいのですが、その延長で背中の痛み、肩こり、首の痛みにも派生する事もあります。ここで興味深いのは、今まで骨盤が原因で腰痛の方は、このような骨盤の分離により腰痛が軽減する事があります。骨盤のズレが妊娠という出来事で解放されて痛みの原因が消失するからです。

 

妊娠中のカイロプラクティックの骨盤矯正・改善


ninshin2妊娠中のカイロプラクティックの施術として、私の経験での限界は妊娠6ヶ月の方でした。ひとまず安定期に入ってからです。

安定期=妊娠四ヶ月までは、母体が安定しないので施術を控えるようにします。それでも痛い方は多いのが現実です。そのような場合はこちらの施術の内容を極力動きの小さいもの、負担の少ない施術で対応します。

安定期を迎えるとそれなりの施術は出来ますが、お腹の大きさも少しずつ気になります。どうしても検査においてうつ伏せになる時があるので、検査も仰向けのみに切り替え、施術自身は仰向けや横向けで施術が可能なので、この時もお母さんとの相談の上、施術の内容を吟味しながら対応します。

最大の問題は腰痛の原因が骨盤の場合、症状の改善が一時的の時があります。これは、前回から書いたように骨盤がホルモンの分泌により不安定な状態でズレ易くなっている事が原因です。せっかく治しても、このようなことでズレが再発してしまうのです。

それでも一時的に痛みが引きますので、腰痛が軽減する事には変わりはありません。腰痛の原因が腰椎であれば治る確率が高まりますが、施術があくまで妊娠対応になるので通常の方を治すより治りにくくなります。

妊娠中の腰痛は耐え難いものがありますが、施術のリスクも通常とは異なります。確かな先生にご相談いただく事をお勧めします。まちがっても整体はダメです。妊娠時の身体の変化をしっかり理解しているアメリカの大学を卒業した先生が良いと思います。

 

産後の骨盤矯正について

ninshin3よくお客様から、産後の骨盤矯正に関して質問があります。基本的にはするべきです。


妊娠中骨盤はホルモンの作用により骨盤の靭帯が弛みます。それにより骨盤が開き赤ちゃんが成長するスペースを作る事が出来ますし。赤ちゃんが育つ環境が出来るのです。しかし、多くの方が赤ちゃんを出産後も骨盤が開いたままと勘違いしている人がいますが、そんな事は絶対にありません。もっというなら、適当に施術を行う店は骨盤が開く=太る=ダイエット対策のような道筋をつけて施術しようとしますがそんな事もありません。


平常時にも若干の骨盤のズレにより開き気味の時はありますが、皆さんがイメージするような開くということは間違いなくありませんし、解剖学的にもありませんのでご安心を。


話が反れましたが、赤ちゃんを出産すればホルモンが切り替わり、同時に靭帯を緩める効果もなくなりますので骨盤は元の位置にもどります。普通なら、、、、


問題は例外的に骨盤が戻る時に正常な位置に戻らない事があるのです。その事が原因で後々に腰痛の原因にもなります。


 


産後のカイロプラクティックの骨盤矯正・改善


骨盤は左右腸骨と中央の仙骨の三つの骨で構成されていますが、どの骨もズレます。三つの骨が同時にズレる事もあれば、どれか一つの事もあります。妊娠時にこの三つの骨をつなぐ靭帯がホルモンの作用で緩む訳です。


実は妊娠前にズレていてそれが原因で腰痛の方がいますが、妊娠、出産と進む事で偶然にズレが解消されて元に戻る場合、腰痛が無くなります。


逆に今までは腰痛がなくて、出産の時にズレて元に戻る為に腰痛になる方もいます。


いずれにせよカイロプラクティックで施術をしてその後に起こるかもしれない腰痛、座骨神経痛を防ぐ必要があります。出産後にコルセットやサポーターで骨盤を元に戻すスピードや状態を限りなく出産前に戻す事がありますが、このような時こそカイロプラクティックで正確な骨盤調整をして頂きたいとお思います。なぜなら、コルセットやサポーターで固める時に骨盤がズレたまま固定される可能性もあるからです。


施術は出産後病院を退院された時から可能です。


当院のカイロプラクティックメニューはこちら


まとめ

様々な治療法を組み合わせることは非常に重要ですが、その手技の一つ一つのメリット、デメリットをよく理解し、お客様に最善のプランを提供できるのが当店ドクターボディケアだと思っています。


ドクターボディケアでは、米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修の医学療法に基づいた本格的な診断・治療が受けられます。


お客様の「どこに行けばいいのか?どの施術が適切なのか?」などの不安を解消するため、お客様の悩みを全てお聞かせいただき、一人ひとりの症状に合わせた適切な施術を行いますのでお気軽にお問合せください。

【一人で出来る骨盤のズレ確認動画】



 



身体のお悩み無料相談フォームへ


Call: 092-477-8919

関連記事

O脚を改善!足を真っ直ぐにするストレッチとは

2016.11.04

O脚を放っておくと危ない症状とは?みなさんにご理解いただきたい事は、O脚は決して膝が離れているという単純なものではありません。ゴムバンドで両膝を結んでみたり、何かの機械で両膝をくっつけたり、または第三者の力で膝を合わせるなどの行為は全く無駄ですしむしろ危険です。O脚は非常に広範囲の影響を受けて成立し...

カイロプラクティックでの骨盤・骨格の歪みの調整

2016.07.08

今回は最近メディアや雑誌で目にする事が多い骨盤のゆがみに関してです。 骨盤ダイエットに効果はあるか?まず、最初に知って頂きたい事として、骨盤ダイエットと称する内容にかんして全て嘘だと思ってください。そもそも痩せるというのは体脂肪の減少を示すはずで、物理的な体系変化では無い事を皆さんが理解す...

今のうちに猫背の原因を知って改善しよう!!

2016.08.03

今回は猫背に関する事をお話しして行きます。猫背とは?猫背は一般的に姿勢が悪い事の代名詞、表現を変えた言い方として世代関係なく周知されています。猫背の定義はおそらく背中が曲がっているか、背骨が盛り上がっている状態です。そして私のお客様も含めてほぼ全員の方が常に気にされていますが、ほとんどの方が猫背や悪...

ページトップへ