四十肩・五十肩をはじめとした肩・股関節の痛みの原因について

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

関節の痛み

どうする?四十肩・五十肩をはじめとした肩・股関節の痛み

2016年08月03日

肩の痛み関節の痛み

今回は関節の痛みに関してです。

関節と言っても身体には無数の関節がありますし、大小様々な関節の痛みに関してお話ししたいと思います。

肩の関節の痛み


shoulderまずは肩の関節の痛みです。

肩は解剖学的な構造上非常に可動域が大きい関節で可動域という概念で言えば身体の中で可動域最大の関節と言えるでしょう。その反面デメリットもあります。それは非常に不安定という事です。可動域の拡大は関節面が小さい事を示します。そして構造的に筋肉に完全に囲まれた関節になります。

それが原因で肩の痛みが本当に関節から来ているのか、周囲の筋肉から来ているのか混乱します。

関節の問題の場合ズレが一番の問題ですが、肩関節は非常に単純な構造の関節でそもそもが不安定な為にズレが発生しにくいのです、仮に発生しても筋肉のアンバランスな引っぱりが原因であたかもズレているかのような現象が起きるのです。

 

四十肩・五十肩と呼ばれる症状

筋肉の関連の痛みの中で最も問題になるのが四十肩や五十肩と呼ばれる症状です。


この症状はある日突然に始まるとよく言われますが、実際はかなり前からその兆候があります。それは、手を後ろに持って行く事が出来ない事です。


よく言う、手を上からと下から伸ばして背中の真ん中で触れる事が出来る事ですが。この症状ではこの事が全く出来なくなります。それどころか手を後ろに持って行く事ができません。


腕が上がらない等の症状は手を後ろに手を持って行く事が出来なくなった頃に患者さんが理解するからです。多くのお客様も腕はそれなりに上がるが手を後ろに持って行く事がほとんど出来ません。


四十肩や五十肩の症状の対策


この症状の対策として基本的にはストレッチと多少痛くても常に肩の可動域を維持してそれ以上悪くしない事がメインの施術となります。それでも一般では知られていない筋肉が原因の時もありますので普通のストレッチ+αとなります。そしてこのようなストレッチを続けても治るまでに相当な時間がかかります。


残念ながら劇的に治る事がほとんど無いからです。しかし症状が似てても原因が骨格や脊椎にある場合非常に劇的に変化します。


原因部分を探ることが重要


見た目的な症状が四十肩、五十肩でも、実際には脊椎のズレから肩の痛みが出るケースの話です。


そもそもなぜこのような事が起こるか?ということですが、じつは私たちが肩を動かす時、決して肩の関節だけで腕を動かしている訳ではありません。


そこには、鎖骨や脊椎等肩関節以外の関節も一緒になって動いてます。ですから、鎖骨の関節や脊椎の関節に問題がある場合でも肩が動かないような症状が出てくるのは決して不思議な話ではないのです。実際に私のお客様でも多くの方がこの症状、症例に合致するお客様が多くいます。


施術者側の問題として、特に整体や整骨院で見られますが、患者さんの痛みの場所=症状の原因部分と断言する傾向があるからです。肩関節に限らず、全ての関節が単独で動く事は滅多にありません。身体の書くパーツが共同で動く事で動物としての人間の身体を動かしているのです。


この部分に施術者が気がつかない限り、そして対処できない限りお客様の症状が変化する事はありません。


股関節の痛みについて

肩と共に、関節の痛みで代表的な股関節に関してです。


股関節の痛みは当然ですが股関節から来る場合もありますが決してそれだけではありません。


股関節の痛みの原因


股関節より上は脊椎により一本の重心ですが股関節より下は二足歩行により重心が左右に分かれて行きます。脊椎より上の重心を二分するわけですが、この時に重心のかかり方により痛みが発生する事があります。それ以外にも、股関節の被りが浅い と一般的に言われる骨の成長の問題もあります。


股関節の浅さの部分はレントゲンを見れば直に分かりますが、浅くても股関節が痛く無い方は世の中に五万といます。


そうすると浅さの問題が痛みの問題ではなくもう少し違う方面に痛みの原因があると言えます。違った見方をすれば正常の人は股関節が痛く無いのか??というと、そんな訳はありません。


正常でも股関節が痛む方もいますから。浅さはあくまで股関節の痛みのリスクの高さに該当するだけでそれ単体が痛みの原因とはなりえない。私はそのように考えます。では股関節の痛みの本質的な原因はよっぽどの事故で無い限り慢性的に何かの力がかかり続けている事が原因では?と考えられます。


慢性的な股関節の痛み


股関節への慢性的な力による痛みで、代表的な考えは股関節を常に使う趣味や、仕事に従事している場合です。しかしいろんな仕事や趣味で股関節を非常に使う事というのはあまりにも珍しいと思います。


それよりも間違いなく慢性的で誰にでも起こりうる力とは重心です。身体の重心が左右費対称的に加われば股関節に通常より大きな力がかかりそれが原因で股関節の痛みに繋がります。


例えば癖で右足に体重を載せるような立ち方をしてしまう等も原因として考えられますが、これだと歩行時、座位においては通常の力がかかるため癖で股関節が痛む事は絶対的に無い訳ではないですが限りなく可能性が低いと思います。


では立位、座位、歩行時等の運動時に常に掛かるのであれば、腰から上の体重の乗り方が左右に非対称になれば可能性があります。いわゆる、股関節には全く問題がなくても、腰から上の部分の骨格のねじれ、歪み等により十分に起こりえるし、上記のどの可能性よりも慢性的な力がかかるのです。


他の関節でもそうですが、股関節が痛いと言う理由で股関節が原因と決めつけるのは決して患者さんの為にはなりません。


まとめ

様々な治療法を組み合わせることは非常に重要ですが、その手技の一つ一つのメリット、デメリットをよく理解し、お客様に最善のプランを提供できるのが当店ドクターボディケアだと思っています。


ドクターボディケアでは、米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修の医学療法に基づいた本格的な診断・治療が受けられます。


お客様の「どこに行けばいいのか?どの施術が適切なのか?」などの不安を解消するため、お客様の悩みを全てお聞かせいただき、一人ひとりの症状に合わせた適切な施術を行いますのでお気軽にお問合せください。


身体のお悩み無料相談フォームへ


Call: 092-477-8919

関連記事

激痛が走る肩の痛み!原因と症状の説明

2017.06.13

目次・突然やってくる肩の痛み・どうして肩が痛くなるの? -原因① 肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん) -原因② 石灰沈着性腱炎(せっかいちんちゃくせいけんえん)・痛くなった時の対処は?・痛みを予防するには?・まとめ  突然やってくる肩の痛みこんにちは!ドクターボディケア副院...

その膝の痛み、もしかして変形性膝関節症!?

2017.01.23

目次・変形性膝関節症とは?・症状の特徴について -膝が曲がりにくい -膝に水が溜まる -膝の関節痛・変形性膝関節症の原因 -筋力低下 -加齢 -体重の増加・変形性膝関節症と診断されたら・まとめ 変形性膝関節症とは?この変形性膝関節症というのは、長年の負担から膝の関節軟骨などがすり減ってしま...

痛みで腕が上がらない!?まずは肩甲骨に着目

2017.03.22

目次・腕が上がらない?その原因は?・腕が上がらなくなる他の症状は?・どのような対処法があるの?・まとめ腕が上がらない?その原因は?今回は肩の痛み、腕が上がらない原因について記述していきます。よく「四十肩、五十肩」という症状を耳にしたことはあると思いますが、実際にはどのような症状かというと腕を上げよう...

ページトップへ