ぎっくり腰(腰痛)にコルセットを装着するメリット・デメリット!

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

腰痛・ぎっくり腰

ぎっくり腰などの腰痛にコルセットを装着するメリット・デメリット!

2016年08月12日

腰痛・ぎっくり腰

low_back_supporter1 今回はコルセットとぎっくり腰などの腰痛に関するメリット・デメリットを考えていきます。

多くの腰痛を持つお客様が整形外科などの病院に行かれ、注射などの処置をされた後にコルセットの購入を促され、ほとんどのお客さまが購入されています。

その後、症状の改善が無い為に、整骨院、整体等に行っても引き続きコルセットをしています。

結局そこでも治らず私の名前を聞き、当店に来られるわけですが、そもそもなぜコルセットを促したり継続的な着用をさせているのか。そして、コルセットの役目とはそもそもどんなものなのか?についてお話ししていきます。

 

コルセットの役目


コルセットの役目は、その構造から見ても腰を周囲を巻いて、腰の保護をする物です。

そのことにより腰の動きに制限をかけ、腰痛の発生原因の’動き’を抑制させ痛みを減少させることを期待しています。

この発想は、動かなければ痛くない、安静にしてくださいという発想とまるで変わりません。原因部分はよくわからないけど、動かなければ痛くないのだからベルトで固定すればいいよね!!って意味ですね。

たしかに、動きを制限することで痛みは減りますがそれは、本当の原因部分を理解した上での対処なのでしょうか?

明らかにそれは違いますね。動くことで痛みが発生するのなら間違いなく何らかの原因がその動きを関連しているはずです。そこを動くなというのは、原因部分を特定する技術、知識がないのか?はたまた、お客さまの声に耳を傾けず、適当な対処をしているのか?の二つでしょう。

 

コルセットのメリット


low_back_pain_d1コルセットはそもそも、腰の周りに巻いて、腰の周辺の可動域を低下さえる効果があります。腰椎、腰の骨の稼働を制限することで痛みを出にくくさせますし、装着部分をお尻の辺りまで下げれば骨盤の関節である、仙腸関節の動きを制限させることができます。

仙腸関節は仙腸関節炎という炎症の元になる部分で、腰痛の原因であったり、その放散痛のパターンから座骨神経痛の原因にもなります。

ぎっくり腰にせよ、骨盤にせよ、関節の可動域が減少すれば、痛みのポイントに関節が稼働することがなくなるメリットもありますし、原因が筋肉であればコルセットが筋肉の代わりを若干でもサポートしてくれます。

人間の体は365日、24時間機能しています。当然、免疫機能や治癒能力も休みなく働いています。痛みのタイミングやポイントを回避できればその間に、体の治癒能力で、炎症が減っていき、痛みを徐々に感じるなくなります。

しかし、ここで最も問題なのは痛みの原因が炎症でも、その炎症がなぜ起こったかの原因はわからぬままで、いつどこで痛みが再発するかわかりません。

結局のところコルセットは一時的な症状の改善にはなりますが決して治っているわけではありませんし、原因も放置状態です。メリットはありますが、原因部分が放置では全く意味がありません。間違いなく腰痛が再発しますし。その予防策もわからないままですから。

 

コルセットのデメリット


コルセットのメリットとして、炎症の消失や、それによる痛みの減少を説明しました。しかし、原因部分が放置状態でで本当の治療になっていない事になる事も説明しました。

この部分がデメリットの発端になるわけですが、それ以外にデメリットとして、コルセットを長期間使うことで筋力の低下、それに伴うコルセットが無いと常に不安な状態が続くことになります。

整体や整骨院、整形外科でコルセットの期間限定での装着を促すところが実際どのくらいあるのか?ほとんどないと思います。なぜなら、それ以外の方法で腰痛の症状をその場で変化させる技術、知識がないからです。施術者としてもコルセットを外してくださいという一言が不安で仕方ないのです。痛みの不安で来るお客さんに、痛みの改善に不安を持つ施術者とはなんとも気の毒な組み合わせです。

そして上記にも言いました、筋力の低下は長期間の使用、そして年配の方の使用ではより顕著にでます。私的には最大で2週間というアドバイスしかしませんが、現状ほとんどの方が施術後帰られる時にはコルセットを外されていきます。

しかし、このコルセット、カイロプラクティックの技術と組み合わせることで非常に効果的に使う事ができます。

 

まとめ:コルセットとカイロプラクティックの組み合わせ


kotsuban2コルセットを単体で使う際のメリット、デメリットをお話ししました。どちらかというと個人的にデメリットの方が多く感じます。

しかしカイロプラクティックの技術と合わせることで少しだけメリットが増します。とういのは、カイロプラクティックの技術は関節構造のズレを正常な位置に戻す事が施術効果の一つです。

この際に腰部、特に骨盤部分の矯正後にコルセットを使用することで骨盤のズレの再発を遅らせることができます。それでも体は寝ている時でも寝返り等で動きますので完全に動きを遮断することは出来ませんが、それでもある程度制限できますので、ズレの再発を少しは遅くなるかと思いますし、炎症効果の消失を早めることにも役立ちます。

マッサージではこのような発想はできませんし、整体等でも内容はマッサージなのでこのような考えには至りません。

しっかりした基礎医学の知識、症状改善のための応用的な知識があるからこそです。

しかし、それでも私はコルセットを使うことは賛成できません。体は本来動くように出来ていて、カイロプラクティックの技術で関節構造が元に戻ればほとんどの状況は改善します。

当院のぎっくり腰への施術内容はコチラ

【一人で出来る腰痛改善体操動画】



身体のお悩み無料相談フォームへ


Call: 092-477-8919

関連記事

なんだか腰が痛い?ぎっくり腰にならない為の効果的な予防方法

2016.07.07

ぎっくり腰になりそうな方の特徴ぎっくり腰と聞いて、ほとんどの方は重いものを持ったら腰が痛くなる!考えていると思います。これは決して間違ってはいないのですが、決して重いものが原因でぎっくり腰になるわけではありません。ぎっくり腰になるまでに非常に長い年月と月日が関わっています。それこそ、10年、20年か...

なんだか腰が痛い?右腰の痛みの原因と対策

2016.08.23

右腰の痛みの原因とは今回は腰痛でも右側の腰痛です。右側の腰痛の場合、当然との付近の筋肉と関連する臓器が一番腰痛の可能性が高くなります。筋肉は腰痛の蕗に一番近いものが重要ですがそれ以外に放散痛というものがあります。これは特定の筋肉がダメージを負った時にその筋肉の部分とは関連性のない部分に痛みが広がる現...

寝ると腰が痛い?!そんな症状の方の適切な対処方法

2016.07.14

寝ても腰が痛いのは問題あり多くのお客様が腰痛のため当店へ来られますが、夜寝るときに寝られないと言われるお客様が非常に多いです。腰痛がある方は、動くと痛いのは一般的ですし、仕方ない部分もありますが、寝ても痛いとなると話が変わってきます。寝ても痛いとは、そもそも動かなくても痛いということで状態的に非常に...

ページトップへ