寝ると腰が痛いのは何故?症状の説明と適切な対処方法

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

腰痛・ぎっくり腰

寝ると腰が痛い?!そんな症状の方の適切な対処方法

2016年07月14日

腰痛・ぎっくり腰

寝ても腰が痛いのは問題あり


lowbackpain1a多くのお客様が腰痛のため当店へ来られますが、夜寝るときに寝られないと言われるお客様が非常に多いです。

腰痛がある方は、動くと痛いのは一般的ですし、仕方ない部分もありますが、寝ても痛いとなると話が変わってきます。

寝ても痛いとは、そもそも動かなくても痛いということで状態的に非常に問題です。寝ても痛いとなると一般の医療でも内臓系の病気を推測します。内臓は一般的に動きと大きな関わりが少なく、それゆえに動かなくても痛いという状態はそれなりに緊急性が高まります。

内臓系の疾患なら通常の病院で対処されるでしょうし、治療もされ順調に回復するでしょうが 様々な検査において問題もなく原因が不明でそれでも腰痛を訴える方が多いのです。その場合原因は何か?ということです。

 

寝方と腰痛に関して

面白い話で、仰向けで寝る生物、特に哺乳類は人間ぐらいで、他の生物は基本うつ伏せというか、背中を上に向けて寝ることが殆どです。たまに面白画像で猫や犬が仰向けで寝ている写真が上がるほどですから、相当に珍しい寝方です。


しかし人間にとってはそうではなく仰向けが一般的です。普通の方なら仰向けで寝ることは難しいことではありませんが腰痛、などの痛みのある方々からすると意外に仰向けで寝れないのです。


痛みが原因で寝れない場合も当然ありますが、痛みがなくても仰向けで寝ることに違和感を感じ、横向きで寝る方もいます。


なぜこのような事が起きるのかというと脊椎部分に左右均一の力がかからないため違和感を感じています。


そして横向きでも左右どちらでもいい場合は良いのですが、右下だけとか左下だけなどのようにどちらか一方の場合脊椎の歪みがひどくそれで左右のどちらかに寝方が決まってしまいます。


このような傾きが出てしまうと自然には治りません。


症状の原因

lowbackpain1c考えられる原因は、筋肉・骨格の異常です。


この場合、病院の検査においても発見されず、画像診断にも確認できない状態が考えられます。さすがに、筋肉が断絶している、骨折、ヒビがある場合は病院の検査でも問題になりますが、筋肉の捻挫、骨格の歪み、ズレにになると特別な知識がなければ判断できませんし画像診断でも判断が非常に難しいのです。


通常の医者でも特に骨格の問題になると画像で若干確認できてもそれに対する手段を持ち合わせていません。


若干の異常ですからそこまで問題にもしません。


しかし、そのような微弱なズレでも体に多大な影響を及ぼします。


どこに行けば適切な治療を受けられる?

骨格のバランス異常で横向きの寝方に偏る場合自然には治りません。


骨格の位置を改善して仰向けに寝れるようなバランスに戻す必要があります。


骨格全体のアライメントを直す必要がありますので、骨盤から頭部まで全て見る必要があります。


しかしそれは整体の類ではなく、カイロプラクティックが骨格を正常に直せる技術です。


骨格以外にも筋肉の調整も重要な要素になります。


ここが痛いから押す、揉む等のマッサージではバランスは調整されません。


固い筋肉、さらにはさらに細い筋繊維まで施術する必要があり、マッサージやストレッチの技術に加え、それ相応の知識も施術者側に必要になります。


筋肉と骨格のバランス、そして左右、上下、前後の全方向のバランスを改善することで最終的に仰向けで寝れるようになります。


まとめ

寝ても腰が痛いという方の症状をお話しましたが、しかしまだこれは腰痛の改善の第一歩にすぎません。

これは腰痛の一部分が改善されただけです。

次は動きをともなった時に腰痛が出ないようにする必要があります。

動いても痛くない、仕事や趣味でも痛くない状態にすることが重要です。


寝てれば痛くないは実は全く直った状態ではなく。

そこから原因がなくなることもありません。


体が上手くごまかして、痛みを感じなくなっているだけなのです。

骨格=フレーム、筋肉=エンジンを調整することで初めて体が正常に動くことができます。


 


ドクターボディケアでは、米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修の医学療法に基づいた本格的な診断・治療が受けられます。お客様の「どこに行けばいいのか?どの施術が適切なのか?」などの不安を解消するため、お客様の悩みを全てお聞かせいただき、一人ひとりの症状に合わせた適切な施術を行いますのでお気軽にお問合せください。


 


「一人で出来る腰痛改善体操動画」



 


身体のお悩み無料相談フォームへ


Call: 092-477-8919

関連記事

日常生活の姿勢が生む腰痛・背中の痛みの症状を改善しよう

2016.06.29

今回は、人間の生活習慣から来る腰痛・背中など痛みの原因を考えて行きます。当店に来られるお客さまは、様々な症状で来られますが、特に多いのが腰痛、背中の痛み、肩の痛み、首の痛みです。そもそも、何故この様な痛みが発生するのでしょうか?ほとんどの方はぎっくり腰や、重い物を持ったからなど、様々な理由を言われま...

なんだか腰が痛い?!ぎっくり腰特有の症状と対処方法・寝方

2016.07.07

ぎっくり腰とは?症状の特徴そもそもぎっくり腰とは病名ではなくて民間で呼ばれる名称です。英語ではファセットシンドロームと呼ばれ、脊椎関節症候群と訳しますが、その症状原因は脊椎の関節の不具合とされています。そしてその症状ですが、急激な腰痛です。重い荷物を持ったり変わった動きをしたり、普段しない動きをすれ...

なんだか腰が痛い?右腰の痛みの原因と対策

2016.08.23

右腰の痛みの原因とは今回は腰痛でも右側の腰痛です。右側の腰痛の場合、当然との付近の筋肉と関連する臓器が一番腰痛の可能性が高くなります。筋肉は腰痛の蕗に一番近いものが重要ですがそれ以外に放散痛というものがあります。これは特定の筋肉がダメージを負った時にその筋肉の部分とは関連性のない部分に痛みが広がる現...

ページトップへ