ぎっくり首の症状と原因を知って予防に繋げましょう

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

首の痛み

ぎっくり首の症状と原因を知って予防しよう

2016年10月21日

首の痛み

「ぎっくり首」になっちゃう人はこんな方!


neck_pain_c1まず皆さまは、表題の通り「ぎっくり首」という言葉に聞き覚えはございますか?

ぎっくり腰という言葉は比較的有名で、何かしらの運動もしくは重い荷物を運ぼうとしたときを原因に腰を痛めるというのはよく聞く話ですね。

しかし今回は腰ではなく首のパターンなのでここで推測されるにどんな方がなりやすい原因を持っているのか、をまず話していきましょう。

 

どんな場合にぎっくり首になりやすいの?


1、激しい運動や強い衝撃

まず「ぎっくり首」というのは病名ではなく、医学的には「頸椎捻挫」と整形外科で診断されるでしょう。これは車の交通事故などで後ろから追突された衝撃が原因で起きる「むち打ち症」と同等のようなものです。

しかし、ぎっくり首はある日突然起きるように感じますが、むち打ち症のように突発的な事故で起きるものではなく、実は以前から疲労物質やストレスが原因などのマイナス要素が蓄積されていたから起こるべくして起きてしまうのです。そうして炎症が生じ、首に鋭い痛みや強いハリが出てきてしまいます。

2、首全体の負荷、疲労

当院のブログでも度々触れておりますが、デスクワークや日頃の姿勢が悪く猫背になりやすい方は、首が前に出ると負荷がかかりやすくなり、疲労が溜まります。また、慢性化してしまうため頭痛や吐き気、さらには寝不足や冷え性など自律神経失調症にも直結してしまう原因になるので要注意です。

3、運動不足

デスクワーク、読書、スマホなどを長時間同じ姿勢でじっとしていると筋肉が緊張し、血行不良が起き痛めやすくなります。日頃からのストレッチや生活習慣の見直しなどが必要になりますね。筋肉が硬直しすぎると首の動きが悪くなります。動きが悪いというのは通常動くはずの可動域が狭まるので重力や頭の重さを逃がす力が弱まります。そんな状態で無理な体勢をとって、首に負荷がかかる、もしくは強い衝撃が首に直接きたらいかがでしょう?

 

上手く吸収しきれなくて筋繊維や腱、骨に悪影響を及ぼすのは目に見えてわかります。ぎっくり腰や、ぎっくり首に共通して言えるのは患部の周りの筋肉が異常に硬直状態にあることです。頸椎と腰椎は構造が似ていますから、それぞれの部位の生理的湾曲が失われると身体にとって最悪です。

ストレートネックと言葉があるように腰椎もまっすぐに近い状態になるズレ方も存在します。これらは全て骨格に歪みが生じアンバランスな状態のため筋肉が固まりやすくなっているのが原因の一つだとご理解ください。

 

ぎっくり首の代表的な症状とは?


lowbackpain1a実際にぎっくり首が起きるタイミングは、何もしてないのにある日急に激痛が走るといったような症状です。よく寝違えて首を痛める「寝違え」の症状とほぼ一緒です。

強いて言うならば寝違えというのは朝、起きたときに痛める場合が多く、

ぎっくり首は先ほど話したように日中のふとした時に起き、例えばくしゃみや咳をするなど動くたびに痛みが増します。

寝違えが発生するのは首の脊椎関節がずれてしまい動きの制限がかかります。これにより筋肉自体にロックがかかり無理に動かそうとすると痛みが発生するというものです。実はこれ、ぎっくり腰にも同じ事がいえるため骨格の調整が本当に重要になります。動けないのが一番ストレスですからね。

首だけでなく腕を上げるときなどにも痛みが出るようになるので肩や肩甲骨付近にも症状がみられるのは、おそらく首をかばってしまい姿勢が極端に悪くなり背中の痛みに繋がるからでしょう。

 

ぎっくり首の原因と予防法


neck_pain_b3ぎっくり首の原因として考えられるのは第一に姿勢にあります。

首が前に出すぎて疲労物質が溜まり、負荷がかかって肩や背中に悪影響を及ぼします。ぎっくり首の痛みの範囲でいえば首から背中、頸椎全体から胸椎上部あたりまでの範囲で痛みが出てきます。また、内臓や自律神経系にも支障をきたし不眠症などホルモンバランスの乱れなども懸念されます。外側だけでなく内面からのストレスも原因のひとつでしょう。様々な要因が絡み姿勢が悪くなり首周りの筋肉が硬くなってしまいます。

そうしたことから我々は気づかぬうちに片足に重心をおいて立つ、背中を丸める、足を組む、頬杖をつくなど日頃からの癖が強くでてしまい、身体にとって悪循環を知らずして繰り返しています。首を自分でボキボキ鳴らしてしまう人もいると思いますがこれも原因のひとつです。身体は不安定ながらそれに順応しようとしてしまいますので、この日常の癖、姿勢こそ見直すことが予防に繋がるのです!
人間の頭は約5キロあります。これは大体ボーリングの玉をイメージするとわかりやすいですが正しいフォーム(両手持ち)でボーリングの玉を支えたら安定しますが、片手だけでボーリングの玉をずっと持っていられるか、といったら無理ですよね?

首にも同じことが言えます。解剖学的に話すと脊柱は生理的湾曲で頭部を支えています。頸椎と腰椎は前湾し、胸椎は後湾しており、このS字のカーブの正しい生理的湾曲が保たれるからこそクッション機能を上手く果たし重力や頭部を分散するのです。

しかし脊柱自体が歪み、関節がずれ、筋肉が硬くなると可動性もなくなりどんどん蓄積されると、ふとした瞬間にぎっくり首、ぎっくり腰などの原因に繋がってしまうのです。

骨格全体の歪みは姿勢と深く関わりがありますから日常生活の日頃のふとした姿勢、癖を注意して見直すという「意識」が予防・改善へ向かうために必要なものであり、合わせて骨格調整で全体的なバランス、筋肉面の緩和、自律神経を整えることが最善の予防・治療に繋がります。

 

ぎっくり首になってしまったら?


ぎっくり首は基本的には動かせない程の激痛が伴います。

上記にもあるように炎症も起きるため熱をもつので非常に繊細に扱わなければいけません。ほとんど動くのが辛いときは何をするにせよまずは安静にすべきです。楽な姿勢をとり横になりましょう。熱がある場合は氷や湿布などで患部をとにかく冷やしましょう。冷やす事で炎症の緩和と痛覚の軽減が見込めます。

ただずっと患部を急激に冷やすのも身体に良くないので10分ごとに一回外して少したってからまた冷やすようにしてください。冷却湿布も2∼3時間ごとに貼り換えて様子を見ながら対応しましょう。間違っても炎症がある時は暖めないでくださいね。温めてしまうお風呂もオススメしません。

痛いときはつい、自分でマッサージや無理にストレッチをしようとする方がいますが、絶対にしないようにしてください。炎症や筋肉の硬直があるなら安静させて冷やす事をしないと確実に悪化します。また、動かせないほどの激痛がある程度動かせるレベルになってきたときに次の治療のステップへ進めます。

むやみに自分で解決しようとせず、治療院か病院に行かれてください。

ですが根本的解決に改善を目指すならば身体全体をしっかり見直し整えてあげなければ再発の恐れがありますし、半永久的に続く不調の原因になりますのでメンテナンスは信頼性のある治療院を調べ、必ず相談したうえで適切な治療を施しましょう。

 

まとめ


sejyutuいかがだったでしょうか?今回はぎっくり首について書いてきました。

そもそも首自体が非常に扱いが難しいケースから軽度のものまであるが故に首周辺、頸椎自体が自律神経系も踏まえて重要な固有受容器となるため繊細に扱わなければなりません。

私たちドクターボディケアではD.C.資格をもつ長澤院長監修の下、お客様の情報を問診でしっかり聴取し、診断、そして安心と信頼のおける適切な施術を心がけております。

今回などの症状でどこに行くべきか、どうしたらいいかわからないなどお困りでしたら当院にご来院もしくはご相談ください。
【一人で出来る首の痛み対策動画】


 
身体のお悩み無料相談フォームへ
 



Call: 092-477-8919

この記事を読んだ方におススメの記事

■あなたを襲う寝違い!気になる症状と対処法


■ぎっくり首になった!?対処法と再発を防ぐ治療とは


関連記事

もしかして頚椎症!?頭痛・首の痛みなどの症状がある方必見

2016.06.28

頚椎症とは?頚椎症(頚部脊椎症、cervical spondylosis)とは、頚椎の椎間板、ルシュカ関節、椎間関節などの適齢変性が原因で、脊柱管や椎間孔の狭窄をきたして症状が発現した疾患である。そのうち脊髄症状を発現した場合を頚椎症性脊髄症、神経根症が発現した場合は頚椎症性神経根症とよぶ。神経根症...

あなたの首や背中を脅かすストレートネックとは?

2016.08.04

今回はストレートネックに関してのお話しです。お客様で首の痛み、背中の痛みの肩がレントゲンを取られた方の多くがお医者さんに”ストレートネックと言われました!!”とよく聞きます。ストレートネックとは?そもそもストレートネックって何??ですが、もともと人間の首の骨はまっすぐではありません。たしかに後ろや前...

あなたを襲う寝違い!気になる症状と対処法

2016.07.26

寝違いとはよく聞くけれど…朝起きてみると首が痛くなっていた。そんな経験はありませんか?私のお店にも、所謂「寝違い」で来院される方が多いです。世間一般で言うに寝違いとは、寝ている際に寝返りを打ったときの急な首の動きによって、痛みとともに首が動かなくなってしまうことを指します。しかし実は、この寝違いは眠...

ページトップへ