日常生活の姿勢が原因する首の痛みについて

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

首の痛み

首の痛みは日常の姿勢が原因!?症状の特徴と正しい姿勢

2016年07月21日

首の痛み

首が痛い!!この症状の特徴


neck1当店でも、首の痛みやハリの症状を訴えて来店される方は数多くいらっしゃいます。

そして、様々な痛みを抱えています。

寝てるだけで痛い方、この方は本当に重症ですね。そもそも、寝てる状態は、体重の負荷、動きがほとんどありません、この状態で痛い場合、筋肉、骨格、意外の部分の原因の可能性があります。代謝性の疾患も考えられるでしょう。

まず痛みを把握する上で、動いて痛いのか?かさなくても痛いのか?の判断は最初の段階で非常に重要な分岐点となります。動かなくても痛い場合はまず精密検査をお勧めします。

 

首を動かすと痛い方


次に、動かすと痛い方ですが、どちらの方向に動かすと痛いかで意味が変わります。

例えば一般的に私たちの考えでは、首を後ろに倒すと痛い時、これはかなりの可能性で頚椎の、胸椎のねじれ、歪み、ズレが原因となります。首の後ろ向きの動きの際、特に関節の動きが重要になりますが、歪み、ねじれ、ズレがある方は、頚椎の骨格が後方に移動しているケースが多いのです。

この場合かなりの確率で最近よく言われるストレートネックの状態と言っていいと思います。

 

左右どちらも、または左右のどちらかに振り向けない方


次に左右両方、または左右のどちらかに振り向けない。

この症状は寝違いでよく起きる状態です。筋肉が硬直して動かないと勘違いしがちですが、この状態も骨格のねじれ、局所的なズレが原因です。

私はぎっくり腰ならぬ、ぎっくり首とお客様にご説明することもあります。実は寝違い=ぎっくり首とぎっくり腰の発生プロセスや、その後の症状の経緯など非常に似た部分が多く、その原因も似たものが多いのです。

さらには解剖学的な形状など頚椎と腰椎は類似点が多く、そのために同じような症状が発生しやすいのだと考えています。

 

首の痛みの原因

首の正しい位置とは?


首は本来、体の真上に乗ってるものです。これにより、背中の筋肉や、首、頭を支える筋肉を最小程度で済むようになっています。


特に二足歩行では四足歩行動物と違い、非常精密なバランスが要求されます。


それだけで筋肉を機能をかなり使うことになり、筋肉を使うことで多くのエネルギーを使うことにもなります。


より効率的筋肉を使うのであればエネルギーを最小に抑えるのが良いはずです。


例えば積み木をまっすぐに積み重ねた状態です。


普通人間のあるべき姿勢では、耳たぶと肩の部分(腕の部分)は直線上に並ぶはずですが首が前に傾くことで耳たぶと肩は直線上に並ばなくなります。


 


現代人に多い、首の位置


首が前方に傾いてしまう姿勢は、パソコン作業で画面も見入る時や、食事、など、背中の痛みや腰痛同様、ほとんどの生活習慣の一部になっています。


首が前方に常に傾くことで、筋肉に余分な働きをさせることになります。


積み木を少しずつある方向にずらしていった場合、当然積み木は崩れます。これは体も同じで首、頭が前に垂れ下がってしまいます。最近ではこのようなことをストレートネックと表現することが多いですね。


 


首が前方に傾いた状態やストレートネックの場合だと?


この場合はどうするか?積み木ならみなさんの手で積み木を支えれば少しずつズレていても積み木を維持することができます。


実際の体も同じでみなさんの手と同じように何かの力で支える必要があります。その力とは??→筋肉です。


筋肉といっても普段使っている筋肉がより強く働くことで首を支えることになります。


普段ではそこまで強く働く必要のない筋肉が、首が前に傾くことで必要以上に筋肉を使う必要が出てきます。


このことで首全体、首の付け根の筋肉が非常に強いハリを生み、首の痛みだけでなく、肩こり、肩の痛みの原因となるのです。


首を正しい位置に戻すためには?

このように、首の前方の傾きが変わらない限り、首の痛みの根本的な症状は治りません。筋肉の調整程度で治るのなら、ストレートネックなど大きな話にはなりません。


ほとんどの方の原因は骨格にズレ、歪み、捻れが存在し、筋肉ではどうにもならないので困っているわけです。


当店の多くのお客様は、私たちのお店に来る前に様々なお店に行かれていますが、そのほとんどが治らず、困った挙句来られます。筋肉で最初から治れば、私のお店にお客様はこないはずですね。


骨格矯正と言っても簡単ではありません。街には店で骨格矯正を謳っているお店もありますが、安易に行くことはそもそも時間とお金の浪費です。


私たち米国帰りのカイロプラクターは4500時間を超える医学関連の授業とそれに関わる、技術講義をクリアしています。整体に良くある自己流というレベルではありません。特に首の場合、原因部分が首だけとは限りません、長年の姿勢や、仕事など様々な要素が加わるため、全身を調整する必要があります。


特に頚椎は骨格矯正の中でもハイリスク、ハイリータンの部分です。うまく施術できればその効果は絶大ですが、もし失敗したら大変なことになります。


いかにトレーニングされた私たちでも常にそのことを考えて施術しています。


そのようなリスクを軽減するためにも、首が痛い、首がズレてる=首を最初に治すという安直な施術や、方法論は非常に危険です。


海外では普通に訴訟問題に発展します。そのようなことからも、当店では常に頚椎のリスクを抑えながら最大の効果を上げる方法を考え実行しています。


どこに行けば適切な治療が受けられる?


このようなお客様のリスク管理、施術効果の最大化を考えれば、整骨院、整体、マッサージに何百回行こうが頚椎を含めた骨格の歪みや捻れ、ズレを解消しない限り基本的に治らないのです。


整骨院、整体、マッサージは残念ながらその保有する知識が著しく低いのと、技術レベルが骨格矯正に特化していません。骨格矯正は近年骨盤矯正などの影響で身近に感じられると思いますが、頚椎の矯正は別次元の難しさです。練度、知識が低い場合、お客様側のリスクしか残りません。


例えば、整骨院の学校である柔道整復師の学校には、正式プログラムとして、骨格矯正に関する授業、講義も何もありません。


整骨院は、その職業上の決まりで骨格矯正の保険申請はできません。マッサージも同様です。そのような技術を学校で教えることはできません。もしかしたら課外授業的にならあるかもしれませんが、そもそも柔整の国家資格の必須科目でもではありません。


しかし一部のお客様は整骨院に行って骨格矯正を受けられると思いますが、その技術は学校で学んだものでなく、卒業後、お店で学んだものがほとんどです。そもそも、整骨院の先生が専門外である骨格矯正を教える事に無理があります。仮に、私たちのような海外から帰った人間のセミナーを受けたことがあるかもしれませんが、そのほとんどは数日です。この時点で非常に無理があります。


上記のことから、整骨院での骨格矯正は問題があります。それよりも確実に知識技術のない整体師や民間マッサージのお店は論ずる前の段階です。


まとめ

首の付け根の筋肉が非常に強いハリを生むことで、首の痛みだけでなく、肩こり、肩の痛みの原因となってしまいます。生活習慣、日常の姿勢に気をつけ、首の筋肉に負荷がかからないよう、正しい姿勢を心掛け、予防するようにしましょう。


ドクターボディケアでは、米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修の医学療法に基づいた本格的な診断・治療が受けられます。


お客様の「どこに行けばいいのか?どの施術が適切なのか?」などの不安を解消するため、お客様の悩みを全てお聞かせいただき、一人ひとりの症状に合わせた適切な施術を行いますのでお気軽にお問合せください。


当院のカイロプラクティック、マッサージメニューはこちらから


身体のお悩み無料相談フォームへ


Call: 092-477-8919

関連記事

あなたの首や背中を脅かすストレートネックとは?

2016.08.04

今回はストレートネックに関してのお話しです。お客様で首の痛み、背中の痛みの肩がレントゲンを取られた方の多くがお医者さんに”ストレートネックと言われました!!”とよく聞きます。ストレートネックとは?そもそもストレートネックって何??ですが、もともと人間の首の骨はまっすぐではありません。たしかに後ろや前...

腰痛だけではないゴルフからくる首・肩の痛み

2016.07.29

目次・ゴルフによる首・肩の痛み、腰痛とは?・部位別の症状の原因は? -首→“前かがみの姿勢、首の筋肉の炎症” -肩→“首や背中の関節のズレ、肩や腕の筋肉の炎症” -腰→“姿勢の作り方、骨盤や骨盤周りの硬さ、腰や足の筋肉の炎症”・適切な対処方法・まとめ ゴルフによる首・肩の痛み・腰痛とは?&...

あなたを襲う寝違い!気になる症状と対処法

2016.07.26

寝違いとはよく聞くけれど…朝起きてみると首が痛くなっていた。そんな経験はありませんか?私のお店にも、所謂「寝違い」で来院される方が多いです。世間一般で言うに寝違いとは、寝ている際に寝返りを打ったときの急な首の動きによって、痛みとともに首が動かなくなってしまうことを指します。しかし実は、この寝違いは眠...

ページトップへ