冷え性の改善に効果を期待できる食べ物について

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

冷え性

冷え性の改善に効果を期待できる食べ物とは

2016年12月08日

冷え性

冷え性と食べ物の関係とは?


冷え性になると体温が低い感じがあったり、手足が冷えたりして体の調子も悪く感じることが多いかもしれません。このような体の冷えは、様々な原因から体温が上がりにくい状態になってしまっていることがあります。

その中でもよく取り上げられるのが、食べ物との関係性です。冷え性は一度なってしまうとなかなか改善が難しいイメージがあるかもしれませんが、それは生活習慣が深くかかわっている部分が多いからでしょう。「運動・食事・睡眠」の3つの柱のうち、今回は「食事」に注目してまとめていきます。

食事で重要なのが栄養素になりますが、どの栄養素がどんな働きをするのかまとめていきます。

 

身体を温めるのに効果的な栄養素


・鉄分

鉄分は血液を作るために必要な栄養素です。鉄はヘモグロビンなどを作り出し、全身に新鮮な酸素を運ぶ役割をしています。血液があまり作られず、貧血のような状態になると身体も冷えやすくなってしまいます。

・ビタミンC

体内に鉄分を吸収しやすくする効果があります。またビタミンCは、動脈硬化の原因となる活性酸素を処理し、血液の通り道である血管の機能を維持してくれます。

・ビタミンE

血管を広げて、血流をよくする効果があります。体の中心部にある暖かい血液を、末端の毛細血管へ流すことによって冷えが改善しやすくなります。またビタミンCと同様、血管の機能の維持にも役立ちます。その他にも、自律神経やホルモンバランスの安定にも関りがある栄養素なので非常に重要と言えます。ビタミンCとビタミンEは組み合わせて摂取することで相乗効果が期待できます。

・ビタミンB群

ビタミンB群は8種類あり、細かく分けるとそれぞれ働きが少しずつ違います。しかし、共通して言えるのは、ビタミンB群は炭水化物などの糖質を分解してエネルギーに変える手伝いをします。ビタミンB群を摂取し、食べたものをスムーズにエネルギーに変えることで体を動かす原動力となり、体を動かすことで熱の生産に繋がります。

・タンパク質

タンパク質はアミノ酸でできており、カラダを作る重要な栄養素です。筋肉はもちろん、爪や髪などもタンパク質から作られています。また、タンパク質を消化・分解するときに熱を発するので体温の上昇に繋がります。

 

身体を温める傾向のある食べ物


身体を温める食材を調べると、冬に収穫されるものや、冬によく食べる料理に使われていることが多いことに気が付きます。また、寒い地域で昔からよく食べられているようなものも多いです。よく言われるのは、地中になる野菜は身体を温める効果が高いということです。例えば、大根・かぶ・ニンジン・ごぼう・生姜・サツマイモ・里芋など冬にスーパーなどでよく見かけるものが多いですね。これらの野菜は、寒い時期に食べる機会の多い鍋料理などにも使われていることが多いです。

鍋料理には、肉や魚などのタンパク質を多く含むものを入れることで更に身体を温めることに繋がります。ただし、食材によっては調理の仕方によって体を冷やす効果があるものもあります。例えば身体を温めるイメージの強い生姜ですが、生のまま摂取すると身体を冷やす効果があります。いったん熱を加えたり、乾燥させたりすると身体を温める効果のある成分が増えるため調理するときに注意したいところです。普段から意識的にこのような食材を摂取するようにして、食習慣から体質改善をしていくようにしましょう。

 

身体を冷やす傾向のある食べ物


身体を温める食材は冬にとれるものが多いと紹介しましたが、その考え方からすると夏に旬を迎える食材は身体を冷やす傾向にあるということが何となくわかると思います。トマト・きゅうり・なす・スイカなどです。これらは水分を多く含んでいたり、中には利尿作用のある食材もあります。

利尿作用は尿を出しやすくするものですが、排尿するときには熱も出ていきますから体が冷えやすくなると言われています。また、体を温めるイメージがある唐辛子。様々な意見があるようですが、一時的には体温を上昇させ温まります。しかし、大量に食べたりすると発汗を促し身体を冷やす効果があるとも言われています。また、刺激物なので大量に摂取すると胃腸に負担が掛かります。このような食材にも気を付けて、どの食材でも適量を摂取するように心がけましょう。

 

食事と共に行いたい冷え性対策とは


ここまで食材で体を温めるものなどを取り上げました。しかし、冷え性は食事だけで改善できるようなものでもありません。身体の体温を上げるためには、熱を作る「筋肉」を同時進行で付けたほうがいいでしょう。体が冷えやすい人は、運動が苦手で仕事でもデスクワークなどほぼ動かずに一日中過ごすような状態で過ごしている人が多いと思います。一番好ましい内容は、筋力トレーニングのスクワットなど全身の筋肉を使う運動ができるといいです。

ですが、そのような内容はハードルが高いため運動をする気にならない方も多いでしょう。最初はストレッチなどで筋肉に刺激を与え運動ができる身体の状態にすることが大事になります。お風呂上りなどの身体が温まっているタイミングで、ふくらはぎやもも裏の筋肉のストレッチから始めると続けやすいと思います。

 

どうしても冷え性が改善されない場合は?


食事でも運動でも冷えが改善しない場合は、自律神経などの体温を調節する機能が備わっている神経系統の問題かもしれません。また、冷え性で尚且つ内臓機能の不調がある方は特にその可能性が高いです。自律神経は、内臓機能もつかさどっています。食事の改善をしたところで、消化吸収がうまくいかないと改善のための行動が改善に結び付きにくくなってしまいます。

自律神経の不調が原因の場合は、カイロプラクティックの骨格調整が有効です。特に背骨の歪みですが、背骨の中を通っている神経に負担がかかり自律神経の不調をきたしやすくなります。カイロプラクティックの技術は、そんな背骨の歪みを改善させるためのものです。長年の冷え性や、自分でどんなに努力しても改善が難しいという方は一度カイロプラクティックなどを受けてみても良いかもしれません。

 

まとめ


冷え性は慢性化しやすい症状の一つです。特に、女性の方は冷え性からホルモン系統の不調も出やすいと思います。今の状態を長引かせないように、早めに対処するようにしていきましょう。

また、改善のためには時間がかかり根気も必要になります。なかなか一人では続けられないという方は、カイロプラクティックのお店などに行って専門家のアドバイスを受けながら続けるというのも一つの手かもしれません。自分が続けられそうな方法から少しずつでも取り組んでいきましょう。

 
身体のお悩み無料相談フォームへ
 



Call: 092-477-8919

関連記事

冬は特につらい!足の冷え性へのアプローチ

2016.12.05

足先が冷えるのは何故?末端冷え症とは今回は「冷え」について記述していきます。冷え性と言うとよく耳にするのは「末端冷え症」というものでしょう。末端というのは体幹ではなく手や足といった部分になります。まずは末端冷え性の方の具体的な症状的にどういう感じかまとめてみました。 末端冷え性になると起こ...

女性に冷え性が多い理由と不妊体質の関係について

2017.01.12

目次・なぜ冷え性は女性に多い?・冷え性が引き起こす様々な症状とは・不妊体質との関係性について・まとめ なぜ冷え性は女性に多い?冷えの原因は様々ですが、一般的に女性から多く聞かれるような気がします。実際には女性だけではなく男性も冷え性を感じていらっしゃる方はいらっしゃいます。 では...

あなたを苦しめる冷え性!!知ってほしい症状の原因と対策方法

2016.08.16

今回は冷え性に関してです。冷え性とは、手や足、腰、腹部など、特定の部位だけが冷たく感じる症状を言います。参考:冷え性-Wikipedia冬場でよく見られる症状ですが、夏場はクーラーの風等が原因で冷え性を感じる方もいます。夏場は特に女性のお客様より頂くご意見で、クーラーで身体が冷える、手足が冷たくて…...

ページトップへ