腰痛だけじゃない!ゴルフ肩・肩の痛みへの施術

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

首の痛み

腰痛だけではないゴルフからくる首・肩の痛み

2016年07月29日

肩の痛み首の痛み

ゴルフによる首・肩の痛み・腰痛とは?


golf1私のお客様にもゴルフをされる方が多くいらっしゃいます。

そして、練習中やコースでのプレイ中に腰痛、肩の痛み、肩こり、首の痛みが出てきたり、普段からの痛みで今度のコースに出る日までに体をなんとかしたいと思う方も多くいます。今回はスポーツとしてのゴルフが体にあたえる影響を考えていきたいと思います。

ゴルフが他のスポーツに比べて特徴的なのは非対称的な動きで止まっているボールを打つ、そして打つ瞬間は静止状態、助走をつけて蹴ったり打ったりしません。

非常に静的なスポーツで心肺系の機能が要求されることもありませんし、そういう中で痛みが発生する頻度は少ないように思われますが、現実は違います。

ゴルフのように体全体をほぼ最大可動域までひねる、捻ることで力を生み出すスポーツが他にあまりないからです。この可動域を最大限に使うところが体に対してゴルフの最大の問題点となります。

筋肉が固かったり、関節そのものがずれた状態でむりやりに可動域を最大にもっていこうとしたらどうなると思いますか?

当然です、体が壊れます。その影響が首の痛み、腰痛、背中の痛みの原因になっていきます。

逆に体の調整をカイロプラクティックで整えれば飛距離が30ヤードも伸びたという話も聞きます。

 

各部位の症状の原因について

ゴルフによる腰痛の原因


golf2ゴルフは非常に楽しいでいのですが、体に対する影響はかなりのものです。とくにゴルフ特有の動きとして、体の関節を最大限の可動域でそして筋肉も最大に伸ばした状態でボールを打とうとします。ここにゴルフの最大の問題点があります。この部分が原因で起きる症状で腰痛が挙げられます。


例えば日頃から筋肉が硬い、これにより慢性の腰痛がある。しかしこれらは筋肉が原因で慢性の腰痛になっているわけでもありません。


結論的には骨格のズレが原因ですし、皆さんがマッサージや整体、整骨院に行っても治らない原因でもあります。


そしてこの状態でゴルフのような腰を非常に強く捻る運動をしたら?わかりますよね。結果は腰痛です。


さらに勘違いしてはいけないのが、腰の捻りは腰椎の腰ではなく、股関節から生まれるのがメインです。ということは股関節に十分な柔軟性があるかも非常に重要なポイントになります。股関節も動かなければ腰も動かない。こんな状態で運動をすればゴルフでなくても腰痛の原因になります。そしてこの状態が続けば股関節の痛み、膝の痛みにつながっても何の不思議もありません。


さらに、ゴルフは右打ち左打ちのどちらかです。これも非常に問題です。練習の時点で反対側のスイングも必要でしょう。


また、骨盤に関しても腰痛に非常に重要な意味を持ちます。


一般的に腰と呼ばれる部分で非常に関連のある部分がおしり、いわゆる臀部です。この臀部を骨格的に構成しているのが骨盤です。腰の可動域の重要性はお話ししましたが、骨盤の重要性は腰椎とはすこし違います。骨盤はまず腰から上の部分の体重を両足に分配する部分であり、また足で生まれた動力を丈夫い繋げる部分でもあります。よってこの部分に問題があると、力の伝わりかがスムーズに行われなくなり力を100%発揮することが難しくなります。


よく言う、骨盤のズレと非常に大きな影響があります。骨盤のズレにより、その可動範囲の低下は当然ですが、上記の力の流れにも悪い影響が出るのです。


更には骨盤のズレと足の長さに非常に大きん関連性があるために、ゴルフのプレイ時の体重移動の際の足の踏み込みにも問題が発生します。そして骨盤には股関節もありますので、腰における最大のひねりの可動域にも影響は少なからず発生します。更には膝の痛み、足首の痛みにも影響しますので、長期間ゴルフをされている方は注意が必要です。


一回で治すのはなかなか難しいです。正常な骨格を実際のゴルフのプレイに反映させる必要がありますのでそれなりに時間がかかる可能性もあります。特にゴルフは下半身での力を上手く上半身に伝える事が重要とされ骨盤部分の不具合は影響の差はあれ発生するものと思います。


 


ゴルフによる首の痛みの原因


golf3ゴルフで腰の次に痛みとして多いのは首の痛みです。ゴルフは特に首を動かす、スポーツではないのに、なぜ痛みの原因になるのか?それは、ゴルフ特有の動きになります。それは首の動きでなく、体の動きです。


ゴルフを始める時に、様々なことを教えてもらうと思いますが、その中で“ボールを最初から最後まで見ること”と言う内容があると思います。これはスイングの初めから、終わりのフィニッシュのギリギリまでゴールを目線から外さないということです。ゴルフ的にはこれをすることで、体の軸がぶれなくなり、ボールの軌道と飛距離を伸ばすことができます。


これはゴルフにとっては最も基本で、手軽にスコアや打球の安定性をもたらしますので非常に重要な練習なのですが、実はこのことが首にとってかなり問題となります。


普通首を動かす時、体は動かず、首、頭部が動きます。しかし、ゴルフでは、頭部が固定したまま、体が動く事になります。これはなかなかに不自然な動きで、体が慣れてないのもそうですが、背中より上の骨格に問題がある時、首に重大な問題を引き起こします。


例えばゴルフをして寝違いのように首が動かなくなる、首を動かすと痛い、頭痛がする等さまざまです。これらのほとんどは、首の骨格、背中の骨格の可動に問題があり、それを無理やりに動かそうとした結果です。


特にゴルフでは単純に下半身を動かす以外に、力を入れてスイングすることも同時にするため、力の使い方が通常の首を動かすとは全く異なる動きになってしまします。骨格に可動がないとはどのような状況でしょう?それは、筋肉が張っていることもあるでしょうが、最も重要な原因は骨格のズレや歪みなどです。この状態は、ゴルフに限らず様々な運動で首に関連する痛みの原因となりえます。


 


ゴルフによる肩の痛みの原因


golf4ゴルフで肩を痛めることも腰痛ほどではありませんが、よく聞きます。肩が痛くなる原因とはなんでしょう?


いろいろありますが、中でも手打ちと呼ばれる打法が原因です。手打ちとは一般的に、体全体のひねりを使って打球を打ち出すのではなく、腕の力、肩の力のみでボールを打ち出すことです。この打法は、必要以上に肩の筋肉、腕の筋肉を使う為、かなりの確率で肩、肘を壊すことになります。


手打ちになる理由もいろいろありますが、そもそも体が硬くて体を回旋できないと言う理由をよく聞きます。この体の硬さも筋肉の柔軟性がなく筋肉が硬い場合と、骨格のズレ、歪みにより回旋の為の可動域が低下してる場合もあります。


ゴルフは、下半身の大きな筋肉を使い、その力を骨盤、腰、背中、肩腕と繋げることでボールを遠くに打つスポーツです。上記のどの部分にも問題がある場合、ボールの飛距離や方向に問題が発生します。


適切な対処方法

対処法としては、二つの方法論があります、


①動きの基本となる関節の動きを正常の範囲に戻す


②筋肉の柔軟性を関節の可動域に合わせて調整する。


①は最低限しなければならない処置です。関節の可動域の改善を基礎としない限りその先はありません。そのぐらい重要な要素です。


特に上記の②だけを行っても全く意味がありません。体の可動は筋肉に左右されるのではなくその関節の持つ可動域によって左右されるからです。特に脊椎の動きは関節が最も重要です。


どこに行けば適切な治療が受けられる?

対処できる施術院ですが、基本的に体のことを相当に熟知している先生でなければなりません。


正直、マッサージや、整体のレベルでは全くお話になりません。正直整骨院でもかなり微妙です。整骨院では骨格の施術の技術レベルにかなりの不安が残るためお薦めし兼ねます。


先ほども話したように、基本は筋肉でなく、骨格なため専門の施術院、特にアメリカのカイロプラクティックの大学を卒業された先生の施術院をお薦めします。


まとめ

chiropractic_b1ゴルフはそのプレイの特性上、腰痛、背中の痛み、首の痛み、肘、肩など様々な場所の痛み、故障の原因となり得るスポーツです。しかし適切な、アドバイスと、診断、施術で施術やメンテナンスができれば非常に楽しいスポーツです。


ゴルフが原因で体が壊れた訳でなく、ゴルフをするに十分な体の機能を持っていなかったことが原因です。ゴルフが悪いのではなく、自分の体の不摂生が原因なのをご理解ください。これはどのスポーツにも言えますし、運動にも言えます。


事実、アメリカのプロゴフファーは体のメンテナンスのためにカイロプラクティックを導入している選手も数多くいます。何事にも、準備やメンテナンスが必要なことを理解し、ゴルフを始め様々なスポーツを楽しんでください。


当院のカイロプラクティック、マッサージメニューはこちらから


身体のお悩み無料相談フォームへ


Call: 092-477-8919

関連記事

実は知らない!肩甲骨ってどこのこと?

2016.09.13

肩甲骨は具体的にどこ?肩甲骨ってよく聞くけど、具体的にどこなのだろうという方も多いかと思います。肩甲骨がどこの部位かと言うと、肩の下、背中の中でも上部に位置しており、手のひらくらいある大きな骨で逆三角形に似た形をしています。脊柱での位置でいうと胸骨の3番目~7番目に該当します。構造的には、肩甲骨の上...

激痛が走る肩の痛み!原因と症状の説明

2017.06.13

目次・突然やってくる肩の痛み・どうして肩が痛くなるの? -原因① 肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん) -原因② 石灰沈着性腱炎(せっかいちんちゃくせいけんえん)・痛くなった時の対処は?・痛みを予防するには?・まとめ  突然やってくる肩の痛みこんにちは!ドクターボディケア副院...

肩の関節がゴリゴリ・ポキポキ鳴る症状、放っておくとどうなる?

2016.09.19

肩を回すと関節がゴリゴリ・ポキポキ音がなるのは何故?肩を回したときに音が鳴るという人は結構多いと思います。なかでも「ゴリゴリ」や「ポキポキ」といった鳴り方が多く見受けられますが、実は音の鳴り方によって原因が少し違います。 筋肉が原因のゴリゴリ・コリコリこれらは、筋肉が原因によるものが多いで...

ページトップへ