ひじ・ひざ・その他の痛み|腰痛、ぎっくり腰、肩こりのマッサージは博多駅にあるドクターオブカイロプラクティック・長澤監修のドクターボディケア

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

ひじ・ひざの痛み

ひじの痛みについて

ひじの痛みについて

スポーツ関係の事故や、連続して同じ動作を続けることで故障を起こしやすい代表的な部位です。
頚椎、胸椎との関連性もあり総合的な施術をする必要があります。
肘周辺は、3つの関節が密集する複雑な機構をしており肘関節の痛みでも3つの関節がどのように関連しているかを把握する必要があります。
さらにダブルクラッシュといい肩関節部分と頚椎とで圧迫が起きると肘に損傷がなくても痛みなどの症状が出る場合があります。

肘の捻挫(Elbow sprain)

肘周辺の靭帯の損傷です。特に肘内側の靭帯は肘の靭帯の中でも重要なものですので、ここを損傷すると症状が酷くなります。
原因として、肘の過伸展、外側への急激な力、事故、同じ作業の繰り返しなどがあげられます。
靭帯の損傷ですので、カイロプラクティックの施術(骨のズレの矯正)による劇的な症状の変化は期待できません。
しかしながら、損傷の際に骨のズレなどが生じていれば、その部分を改善することは可能でこれによる症状の改善は期待できます。

外側上果炎(Lateral epicondylitis)

通称テニス肘とも言われ、肘外側に痛みがあります。腫れている事もあります。
バックハンドグリップを使うようなスポーツ、特にテニスなどで起きやすい肘の痛みのことです。
同じ動作の繰り返しにより、より発症の可能性が高くなります。
しかしながら、肩の疾患があたかもテニス肘のような痛みとして出る場合もありますので、注意が必要です。

内側上果炎(Medial epicondylitis)

肘内側の痛みで、腫れていることもあります。
通称ゴルフ肘や野球肘と呼ばれるもので、野球の投球動作などで肘内側の靭帯が損傷するために起きる痛みのことです。
同じ動作を何回も繰り返すことで、症状の発症の可能性が高くなります。

肘頭滑液胞炎(Olecranon bursitis)

肘後方の痛みです。肘の周囲の腫れなどが見られることもあります。
原因として肘への直接的な打撃や衝突、同じ動作の繰り返し、上腕三頭筋、同筋肉の腱の損傷などがあげられます。

ひざの痛みについて

ひざの痛みについて

ひざ・脚の痛み

膝の痛みは膝自身の靭帯、軟骨などの損傷によるものと、骨盤のズレによるものがあります。
かなりのケースでカイロプラクティック的な骨盤のズレの修正で膝の痛みが改善します。
しかし、骨盤だけでなく、その周囲の筋肉、神経などの細かい知識が必要となります。

膝自体が原因の場合、ケースによっては施術が困難なことがありますが、軟骨が擦り減ってしまうと、カイロプラクティックでは対処できなくなります。その前にご相談ください。

オスグッドシュラッター病(Osgood schlatter disease)

もし、膝の痛みが十代の小学生、中学生ならば、この症状の可能性があります。
レントゲンなどで簡単に診断されるものです。
オズグッド-シュラッター病は膝に大きな負担をかける運動などで腱が骨の表面を骨ごと引き剥がしてしまうことで起きます。
年齢が高い場合、腱が切れたりするのですが、十代の子供たちの骨はまだ非常に柔らかく、腱が切れる前に骨が剥がれるような形になります。症状は非常に骨折に似たようなものですが、骨盤のズレや腰椎のズレが確認できたときにはカイロプラクティックの治療が劇的な効果を示す時があります。

一人で出来る膝の痛み対策

O脚・X脚(Genu Valgum ・Genu Varum)

O脚X脚は極端な角度がない限り、痛みを感じません。
ほとんどの方は美容目的での改善を期待しています。

よく他の治療院で真横からダイレクトに矯正などをするところがありますが、非常に危険な行為で、知識がない証拠です。
そもそも、膝関節に横向きの可動がないために、このような無茶な施術を受け続けると、膝の周囲の靭帯の損傷や、関節の不安定にも繋がります。通常のズレは相当な事故でもない限り、正常な可動方向においてズレます。
O脚やX脚の原因は、大腿骨や下腿の骨のひねり、筋肉によって起きるひねり等が原因で発生しています。

腸脛靭帯症候群(Iliotibial band syndrome)

太もも外側の痛みとして発生します。下り坂などで痛みが大きくなるのが特徴です。
大腿筋膜張筋(Tensor fasciae latae)が異常な緊張状態にあると同じような症状が発生します。
それ以外に、脊髄、骨盤、大腿骨、膝関節などにズレがあると体重バランスが変化し、腸脛靭帯症候群になりやすくなります。


東京中目黒店・治療相談LINE  福岡博多店・治療相談LINE

ページトップへ