肩の痛み|腰痛、ぎっくり腰、肩こりのマッサージは博多駅にあるドクターオブカイロプラクティック・長澤監修のドクターボディケア

博多駅のマッサージなら腰痛・肩こり・骨盤矯正・むくみ回復ラボ ドクターボディケアへ

博多駅のマッサージ店

米国で業界最高峰の資格を持つドクター・長澤監修のドクターボディケアは、博多駅から徒歩2分の好立地で、本格マッサージが受けられます。

東京中目黒店
ご予約LINE

LINE

福岡博多店
ご予約LINE

LINE

東京店・博多店予約専用ダイヤル

Call: 092-477-8919


Call: 090-7020-0483


Call: 090-7020-0483


採用情報

English Page

東京診療日程

肩の痛み

肩の痛みについて

肩の痛みについて

日本人に特に多い症状の一つに肩こりがあります。
多くの方が肩こりと思っている症状は、実は首の根本の筋肉の使いすぎからくる慢性疲労から生じています。
ですから肩こりは肩が原因ではなく 胸椎の姿勢不要症候群や頚椎からの原因がほとんどです。
もし肩こりと思う方は、お気軽にご相談下さい。

四十肩・五十肩(Frozen shoulder)

英語名で四十肩・五十肩に相当する言葉がありません。症状の中で一番近いものがフローズンショルダーだと思われます。
これは、一般的に思われる四十肩・五十肩に相当するものです。症状として 肩関節の可動域の低下。この場合痛みが原因として可動域の低下が見られます。
しかし、レントゲン等の検査ではほとんどのケースで異常がみられません。原因は関節の問題でなく関節をとりまく筋肉の異常収縮によるものです。肩の可動域の低下は肩関節や頚椎から由来するものと、上記のように筋肉からくるものもあります。関節、頚椎から由来するものであれば劇的な改善が見られます。筋肉の場合、その種類や筋肉の場所によっては改善スピードが非常に遅いのが一般的です。

>>四十肩・五十肩対応長澤メソッド施術はこちら

回旋筋腱板損傷(Rottator cuff strain)

肩の痛みで、ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、大円筋)の総称で記された筋肉の全部、もしくは一つに損傷がある場合の症状名です。
ローテーターカフは肩のインナーマッスルとして非常に重要な役割があります。それは肩関節の安定です。
この筋肉の一群もしくは一部に障害が起きることで肩関節の安定性が低下します。そのことによる痛みをこのように呼びます。
症状の進行状況により、3つのグレードがあり、それによって完治までの日にちに違いがあります。
原因として同じ動きや肩の部分の使いすぎ、一方向、多方向からの衝突、引っ張り動作や、物を運んだときなどで痛みが発生します。
症状改善を目指すとき、関節の障害ではありませんので筋肉の解剖学的知識や運動生理学を熟知している必要があります。

一人で出来る肩こり対策


東京中目黒店・治療相談LINE  福岡博多店・治療相談LINE

ページトップへ